目    次

篇  節     内容の要約
[第一巻 人生の体験と信仰の賛美]
1        詩篇の序1主の「契約」に歩む者の幸い
2 A:1−6  詩篇の序2キリスト王権:「冠」の讃美
2 B:7−12  詩篇の序2御子キリストを礼拝し仕えよ
3        朝の賛歌:信仰の確信:救いは主にあり
4 A:1−4  夕べの祈:主はご自分の聖徒を顧みたもう
4 B:5−8  夕の賛歌:主の義の光による、平安な眠り
5 A:1−7  朝の礼拝:敵の目の前で、主にうめき叫ぶ
5 B:8−12  愛の大盾で、正しい者を伏兵から守り給う主
6        寝床の涙:苦悩と死の恐怖から主に叫ぶ
7  :1−9  正義を求める祈り:審判者よ弁護したまえ
8        御名の賛美:世界創造の冠である人の子
9 A:1−4  感謝の賛歌:義の審判者である主を誇る
9 B:5−8  世界統治:王座からの主の審判と統治
9 C:9−14  世界伝道:苦しむ者を救いたまう主の宣教
10 A:1−6  神への訴え:「神はいない」と侮る者のわな
10 B:14−18  永遠の王:孤児や不幸な人をかばいたまう主
11        天の王座:勇気をくじく声と勇気の源なる王
12        偽りに満ちた世を生きる聖徒と練られたみ言
13        主よいつまでですか:忍耐し恵みを歌いつつ
14        善を行う者は一人もない、しかし主は避け所
15        主の幕屋に宿る礼拝者の、心と行動の祝福
16 A:1−6  異教との緊張の中で:主こそ幸い、譲りの地
16 B:7−11  復活の喜び:私は墓の中に捨てておかれない
17 A:1−9  主よ、無実の私を瞳のように守りたまえ
17 B:10−15  主よ、権勢を誇る者たちから救いたまえ
18 A:1−6  主はわが巌:死の淵の叫びが主に届く
18 B:16−19  主の救い:敵と憎しみの中から広い所へ
19 A:1−6  神の自然啓示:神の栄光を語る大空・太陽
19 B:7−14  神の特別啓示:完全な律法・喜びの従順
20 A:1−4  犠牲を捧げる王の、願い実現のための祈り
20 B:5−9  王の勝利の歌:私たちは主の御名を誇る
21  :1−6  我らの真の王の、力・救・冠・永生・尊厳
22 A:1−5  黙し給う神に叫ぶ:神に見捨てられた苦悶
22 B:6−10  神への告白の祈:謗り・蔑み・嘲りの中で
22 C:11−15  神への訴え:死の恐怖・肉の痛み・孤独から
22 D:16−21  救の嘆願:取巻く犬に手足裂かれ衣分けられ
22 E:22−26  教会の賛歌:悩む者は満ちたり永久に生きる
22 F:27−31  全地の礼拝:主なる王に仕えその義を伝える
23 ABC      主は私の羊飼:共に居給う慰め・敵前の恵み
24        栄光の全地の王の入城:義とされた民の集合
25 A:1−7  信者の祈:恥を見ぬよう主の道へ導きたまえ
25 B:8−15  祈の根拠:赦しの恵み・契約啓示・主の助け
25 C:16−21  告白の祈:苦悩・罪・敵・恥、贖いを待望む
26  :1−8  潔白弁護の求め:伝道と教会への献身の決意
27  :1−6  不動の礼拝:主は私の光、誰を私は恐れよう
28 A:1−7  懇願:岩なる主よ、黙せず、悪を罰したまえ
28 B:6−9  祈りが聞かれた喜び:主は盾・力・砦・羊飼
29        主に栄光を帰せ:山野に轟く雷鳴に合わせて
30 A:1−6  み怒りは束の間:主の癒しの感謝・恵の確信
30 B:7−12  嘆きを踊りに荒布を喜びの衣に変えたもう主
31 A:1−4  急ぎの訴え:主よ私はあなたにより頼みます
31 B:5−8  救いの訴え:主よ私の魂をみ手にゆだねます
31 C:19−24  恵の偉大さ:主愛し待望み心強く雄々しかれ
32 A:1−6  罪を悔改め告白して赦された者の幸いな体験
32 B:7−11  主は隠れ場:正しき者、主に頼る聖徒の喜び
33 A:1−5  主に直き者にふさわしい、み言とみ業の賛美
33 B:6−12  み言により主が天地を造り世を支配する幸い
33 C:13−22  一人一人の心を天から見つめ給う主への信頼
34 A:1−10  主を誇り仰ぎ見て輝け:素晴らしさを味わえ
34 BC:11−14  来なさい、子達よ、主を恐れよ 唇で行いで
34 D:15−22  主は心砕かれた悩み多い僕を贖い出したもう
35 A:1−6  戦の訴え:主よ、追い迫る者と戦って下さい
35 B:11−18  救いを:病・断食・喪・躓・中傷・略奪から
36  :5−12  与え給え:み翼の陰・命の泉・神の光の恵を
37 A:1−6  信頼:腹を立てず、あなたの道を主に委ねよ
37 B:7−11  謙遜:主の前に静まりへりくだるものは幸い
37 C:11−15  審判:罪人は事を計るが主は笑い、制される
37 D:16−22  逆転:義人の貧しさは悪人の富にまさる祝福
37 E:23−29  堅忍:聖徒達の歩みを主は決して見捨てない
37 F:30−34  不動:み言に歩む人は揺るがず高く保たれる
37 G:35−40  結末:悪者の横暴は断たれ義人は解放される
38 A:1−8  神の怒りを自分の身に体験している者の叫び
38 B:15−22  見捨て給うな:救の主に救いと赦しを求める
39  :4−8  幻の如き人生のはかなさ虚しさと、希望の主
40 A:1−5  主は滅びの穴から救い信仰と賛美に入れ給う
40 B:6−10  み旨への従順が犠牲よりも福音の証人を生む
41 A:1−3  病床の支え:弱い者に配慮するものへの祝福
41 B:4−9  病床の体験:罪の責めと他人の冷たさの苦悩
41 C:10−13  病床の祈り:憐れんで立上がらせ証させ給え
[第二巻 救いの瞑想と終末の御国]
42 A:1−5  生ける神 :鹿が水を慕うごと魂は神を慕う
42 B:6−11  祈りと賛美:絶望の中でも御恵みを歌い祈る
43        義なる神 :虐げを嘆く者は主の裁きを望む
44 A:1−3  選びと救い:神の右の手が、み民を救われた
44 B:4−8  主による戦:王なる神の御名を誇り勝利する
44 C:20−26  契約の真実:悩む羊は契約を盾に救を求める
45  :1−7  王キリスト:理想の王メシヤキリストの賛美
46        終末の勝利:わが力堅きやぐらなる神の平和
47        終末の着座:全地の王座に着かれた主の賛美
48 A:1−8  終末のみ国:揺るず堅く立つ永遠の神の都
48 B:9−14  終末の礼拝:神の恵と義がシオンから広まる
49  :1−13  真の命の言:滅び行く財産と栄華にたよるな
50  :1−7  終末の審判:審判の為契約の民が集められる
51 A:1−7  罪の悔改め:罪の告白と、聖めを求める祈り
51 B:8−14  聖霊のみ業:聖霊による再生と喜び仕える霊
51 C:15−19  救への回心:砕かれし魂と告白する唇を賜え
52        悪人の滅び:み恵の挑戦 悪を誇る者の末路
53        全くの堕落:義人は一人もなく主は裁かれる
55 A:1−8  終末の苦難:苦悩迫害恐怖から逃れ場に急ぐ
55 B:16−21  愛が冷える:主は私の呻きを朝昼晩聞かれる
55 C:22・23  聖徒の堅忍:あなたの重荷を主にゆだねよ
56  :8−13  救への応答:さすらいの涙から救われた目的
57  :5−11  終末の歩み:心揺るがず目を覚まし賛美する
61        王待望の祈:岩なる王を待望み切に誓い祈る
62  :1−8  真実な神 :信頼せよ 私は黙って神を待つ
63  :1−6  個人礼拝 :み霊による賛美で神と交わる夜
65 A:1−5  宮での礼拝:罪人が静かな赦しのみ座に立つ
65 B:6−10  創造と摂理:世界自然人々への神の業を賛美
65  C:11−13  自然の恵み:自然と人の営みへの新年の祝福
66 A:1−6  贖いのみ業:出エジプトのみ業故に神を賛美
66 B:16−20  試練と祈り:神は私を捨てず祈りを聞かれた
67        終末の宣教:祝福は地の果てまで証するため
68  :32−35  権威の源 :国々の権威は皆、神の権威が源
69 A:5−12  教会の熱心:主ゆえ非難され己が罪に苦悩す
69 B:13−18  教会の統治:憎む者・泥沼から私を救い給え
70        救いの目的:主の私への救は主の栄光を現す
71  :15−20  終末の証し:老聖徒の証し:義と再生のみ業
72 A:1−8  終末の王 :王キリストの到来と統治を祈る
72 B:9−15  終末の王 :キリストへの礼拝とささげもの
72 C:16−19  終末の栄光:王キリストの統治と栄光の祝福
72 D:18−20  終末の栄光:唯一まことの神への栄光を祈る
[第三巻 契約の恵みの賛美と誓い]
73  :23−28  不条理な人生の主目的:神にある契約的祝福
75        神は、地の柱(法)を堅く立て、裁きたもう
78  :1−8  神の定められた契約と民の反抗の歴史に学べ
79  :1−8  エルサレム滅亡後の苦難:罪の赦しと救の願
83        世的契約を結ぶ敵に、主の御名を知らしめる
84 A:1−7  主の庭に住みシオンの大路を歩む契約的幸い
84 B:8−12  受膏者により信仰によって主の家に住む幸い
85 A:1−7  捕囚帰還の恵みと、み怒りからの救いの願い
85 B:8−13  主と御民との平和・義、契約の恵・誠の実現
86  :1−6  主の慈しみと赦しと恵みに対し救いを訴える
88  :9−13  死の迫る孤独の朝、しかしあくまで主を呼ぶ
89 A:1−10  ダビデ契約により王座を建てる真実と力の主
89 B:28−34  キリストへの契約の真実:民への契約の不変
[第四巻 主の王権(冠)への賛美]
90        短い人生を確かなものにする、神の威光と愛
91 A:1−8  全能者の陰:翼で覆われ、滅びは近付かない
91 B:9−16  主の決意:御使の守り・悪魔への勝利・救い
92        安息日の賛歌:王権の勝利、聖霊の注ぎと実
93        王の統治:主の力強い世界統治と聖なる教会
94  :12−19  主は己が民を見放し給わず、裁きは義に戻る
95  :1−6  平伏そう:救いの岩・大いなる王、創造主に
96 A:1−7  新しい歌:日々主の救いと栄光を宣べ伝えよ
96 B:8−13  王の到来:栄光を主に献げ主の前に礼拝せよ
97        王の救い:全地を照し偶像を恥しめ光を蒔く
98        王を喜ぶ:主の救を告げ・裁き主到来を喜ぶ
99        王のみ座:主の臨在裁き啓示応答は聖である
100 AB      全地の主の民の喜びの礼拝:恵みと真に感謝
101        主の契約の全き道を守り、主を待つメシヤ王
102 A:1−12  苦しみ嘆く孤独な鳥の私と御座につき給う主
102 B:12−22  苦しむ民の祈りを聞き解放し給うメシヤの時
103 A:1−5  わが魂よ何一つみ恵忘るな:赦し癒し贖いを
103 B:6−13  主はどのような方か:罪人への大きな憐れみ
103 C:14−18  恵みはどこに:人は草、信仰と契約のみ確実
103 D:19−22  主の王国を賛美せよ:天使よ万物よわが魂よ
104 A:1−9  主のご威光と、光・天・地・水の創造の賛美
104 B:10−24  被造物の営みを養う無数のみ業と知恵の賛美
105  :1−8  契約の奇跡覚え、御名を呼び誇り慕い求めよ
106 A:1−5  民をなお愛される主を知らせる者の幸と喜び
106 B:32−48  偶像を拝む民へのみ怒りと、恵の契約の真実
[第五巻 救われた者の礼拝の手引き]
107 A:1    礼拝の叫び:主に感謝せよ!その恵みは永遠
         ホ−ドゥ- ラアド−ナイ キ- ト−ブ
         キ− ルオ−ラ−ム ハセド−
107 B:1−9  主に贖われた感謝:荒野をさまよう人生から
107 C:23−32  主に贖われた感謝:嵐に翻弄された人生から
108  :1−6  礼拝者の確信:恵みに心が定まった暁の告白
110 A:1−3  礼拝者の立場:主の戦に夜明け前から仕える
110 B:4−7  礼拝者の勝利:主の契約の誓の祭司メシヤ王
110 C      礼拝者の中心:主の右に座したもう主の戦い
111        救いのみ業:約束の地に贖い出すみ業と契約
112        救われた者:その幸い・不動の心・堅固な義
113        救いの御名:天から身を低め弱き者を救う主
115 A:1−8  救いの賞賛:私や偶像でなく御名にのみ栄を
115 B:9−18  救いの告白:信頼せよ、この方こそ助け祝福
116  :1−9  救いの証し:死の恐怖から主を愛する憩いへ
117        救いと世界:万国よ、主の恵と真をたたえよ
118 A:1−9  救いの感謝:主は私の味方、私は恐れない
118 B:19−25  救いの開門:礎の石となられた主に、ホサナ
119 A:9−16  み言葉の学校:若い日の問題生活思索の訓練
119 B:33−40  み言葉と目標:神への恐れと生甲斐を教える
119 C:65−72  み言葉と労苦:苦悩で体得するみ言中心の生
119 D:97−104 み言葉の権威:その魅了性・優越性・即効性
119 E:105-112 み言葉の導き:私の足のともしび私の道の光
119 F:129-136 み言葉の光:悟り与え仰せ愛させ悪から救う
119 G:153-160 み言葉と願い:み言通り私を活かして下さい
120        礼拝への出発:苦難・欺き・戦いの直中から
121        礼拝への旅路:主の臨在が人生の旅路を守る
122        礼拝への入場:御座の前に上る民の喜び平安
123        礼拝の始まり:主を仰ぎ憐れみの御手に注目
124        礼拝での安堵:もし主が味方ならずば滅んだ
125        礼拝者の確信:シオンは主が囲み揺るがない
126        礼拝者の幻:涙して種蒔く者は喜び刈り取る
127        礼拝形成:主が備給う家庭・教会と賜物の子
128        礼拝の恵み:信仰の家庭・仕事・子供の祝福
129        礼拝者の勇気:試練と恥の中でも背教を断罪
130        礼拝者の希望:深い淵から主の贖いを待望む
131        礼拝者の成長:み前に控えて待つ信仰と謙遜
133 AB      礼拝の交わり:御霊の交わりの楽しさと幸い
134        礼拝者の奉仕:主の家の仕え人の使命は賛美
135 A:1−7  ハレルヤの理由:神の選び全能・私はしもべ
135 B:13−21  ハレルヤの宣言:御名と虚しい偶像を比べて
136 AB      ハレルヤの背景:恵を創造と贖いにより告白
138 A:1−5  主の道の栄光の感謝:み言葉にある魂への力
138 B:6−8  救いの完成の確信:低い者を苦悩から救う主
139 A:1−6  神の全知:私の思いと歩みを知りたもう主
139 B:7−12  神の遍在:私は主のみ前から逃れられない
139 C:13−18  神の聖定:胎児の生涯への主の無数のみ思い
139 D:17−24  神の絶対:測り知れない神に思煩いを訴える
141  :1−4  愛の戒規:勝利まで口と心を見張り叱り給え
142 A:1−3  主に叫ぶ:苦しみ嘆き霊衰え罠に掛った私が
142 B:1−7  救の願い:苦しみに放置された私を牢獄から
143 A:1−8  魂の渇き:主よ罪人の私を滅びから救い給え
143 B:9−12  聖霊を願う:主よ慈しみ深い聖霊で導き給え
145 A:1−7  主の王権の宣教:主の栄光輝く主権と偉大さ
145 B:8−16  主の王国の宣教:主の愛に応答する聖徒の国
145 C:17−21  主の救いの宣教:主は求める者すべてに近い
146        ハレルヤ:悩む者を救う主の統治を賛美せよ
147  :1−11  ハレルヤ:傷を包み待望む者を顧み給う主を
148        ハレルヤ:天使天地万象生物人類皆賛美せよ
150        ハレルヤ:聖所で大空で神の大能を賛美せよ

[索引:初行・信条・新約・語句・格調・十戒/主の祈/使徒信条]