朝日新聞で、「国際社会に通用する「礼儀重視」のため、日の丸君が代を重視する
よう、教科書検定をした」、と発言されたことが、報じられました。
つぎのことをご熟考の上、ご理解下さるよう、請願します。

1)国旗国歌を「礼儀」の訓練の場にするという考えは、戦前の「国民儀礼」
    と同様の発想だということに御気付き下さい。
    それは日本近代史を見るとき、国家主義の常套手段なのではないですか。
  (参考文献  1)

2)国旗国歌を国際的素養のため学校行事で訓練するというのは、欧米では
    見られないことです。教科書で義務付けるのもふつうではありません。
    在外公館の調査にもとずく事実をご存じのはずです。
  (参考文献  2) 

3)日の丸そのものより、日の丸に「礼をする」という事を、国際社会は
    人権侵害と見るでしょう。国旗についての争点はやがてこの点になります。
    校長たちに、国旗への「礼」を求めないよう指示されることが国際的見識です。
   (わたしたちキリスト者はご存じのように聖書の十戒の第二戒がありますから
    このような、国家に信服する「礼」には徹底的に抵抗します。戦時中の朝鮮
    でのキリスト者多数の投獄と殉教の理由がこれであった事はご存じでしょう。)
    天皇への臣従の歌、君が代を無理に歌わせる事も、国際社会では人権侵害です。
    国際人権監視機関のRutherford Instituteの警告は読まれませんでしたか。
  (参考文献  3)

4)国民的合意はまだできていません。心から良心的に反対の者が多くいます。
    強要が民主主義の破壊に繋がる思想信条の問題ですし、反対は根強いです。

    あなたは法制化と日の丸・君が代強制が切離せない事を良くご存じでしょう。
    しかしもっと強制が来るなら、私たちの立場はますますはっきりするだけです。
    わたしたちは、思想信条の自由のために、親権に基づき、日の丸君が代抜きの
    教育を学校に求める運動を粘り強く展開する権利と自由を、留保いたします。
    国民の中に「国民的合意」なるものの外にいるものがたしかにたくさんいて
    国家主義に警鐘をならしている事を、一層の行動で示す覚悟と準備を、いま
    私たちはしています。

    日の丸君が代による学校の混乱を、法制化で収めるお考えだと聞きました。
    一片の法津でわたしたちの良心をおさえこめるとお考えなのでしょうか。
    そのようなあなたの法と権力への信仰は、信仰と良心の力の前には敗れます。
    そのような良心をしばるような法律は、始めから止めたほうが賢明です。

    国の権力でも私たちの信仰と良心の自由は、変えられません。
    そのことはあなたも西欧の歴史からよく学ばれたはずです。
    たった一人の良心も、真の王である神に仕える時、国家権力にたちむかいます。
    「良心は権力より強い。」  このことを、あなたも心に止めておいてください。
    文部大臣としてのあなたの良心にたいし、私たちの良心は挑戦します。

    日本の行く末は、経済と権力と武力によるのではありません。
    真実な良心に強く立つものが、ひとりでも多くこの日本に与えられれば、
    日本は滅びず、困難にも絶えて未来へと展開する活力をえます。
    自由な良心なしには、日本に未来を切り開く活力は湧いてきません!
    国家主義に国民を隷従させる事は亡びの道だということを真剣に考えて
    ください。

    私も六人の子供の親です。平和で自由で真実な国を子供に残すために
    必要ならいのちを捧げねばならないかもしれないと、今、覚悟しています。
  (参考文書  4)

    牧師     瀧   浦      滋
    改革長老教会日本中会議長    
    658-0003 神戸市東灘区本山北町6−17−31
    Tel-Fax  078-452-5310   e-mail: KGD05166@nifty.ne.jp

(参考文献  1)
1940年に、私たちの教派は、日本の満州における教育政策を体験しました。
その時と政府・文部省の発想が変っていない事は、当時のJ.G.Vosの論文を
よめばわかります。彼は、当時の石原謙博士の論文なども引用して論じています。

I remember the article of Dr.J.G.Vos about Japanese rule:
"Christian Missions and the Civil magistrate in the Far East".
The article was written in Manchuria(NE China) occupied by Japan before WW2
and published in the Westminster Theological Journal vol. 3 of Nov. 1940.
It is old, but his analysis of cunning tactics of Japanese government was
very sharp and we still face just the same thing in Japan now.

J.G.Vos wrote as follows:
(in the chapter of "the freedom of Christian Infringed by the state")
"...patriotism in a professedly pagan, emperor-worshipping state is a
very different thing from patriotism in Britain or America. ....
Even if it could be conceded that these ceremonies are non-religious
in themselves, there would still remain the most serious objections
to their being required of Christian churches and schools by compulsory
government regulations. ... To demand a pledge of civil loyalty of a
religous body, even though the pledge may be a thing indifferent in itself,
is to violate the body's specifically religious character.
..."(p.9, 11)


(参考文献  2)
文中で言及した在外公館の調査について
1)学校教育での国旗国歌の取扱い(主要40ケ国在外公館調査)

a.ヨーロッパの立憲君主国では学校での国旗掲揚や国歌斉唱をすることが殆ど無い。

イギリス:    普通の歴史と音楽の授業で取扱い、学校行事では掲揚せず歌わない。
オランダ:    特に教育する事はない。学校行事で掲揚や歌唱という事も特にない。
ベルギー:    国旗掲揚の義務はなく慣例もまちまち。国歌は教育されていない。
スペイン:    学校での規定はない。    
デンマーク:  特別の教育はしない。普通の授業で言及。国歌は行事で殆ど歌わない。
ノールウエー:特別な教育はしていない。両親が教えて子供はすでに歌っている。
スウエーデン:教科書に無い。国旗は教師に一任。国歌は学校で特別に教えない。

b.ヨーロッパの共和国ではむしろ革命をおぼえて国旗国歌を強調する。
    しかし、例外がいくつもある。次のとおりである。

ギリシャ:学校での規定はない
イタリア:教科書には書かれず、それによる儀式は行われない。
スイス:  学校内で実際に国歌を歌う事は殆ど無い。
ドイツ:  各州の権限で決められる。
オーストリア:国旗は学校で特に扱われない。
ハンガリー:教科書では取り扱われていない。
旧ユーゴ:強制はない。教科書での取扱いも学校行事での使用もなかった。

c.アジア・アフリカ地区では、学校での教育を求めている事が多い。

d.米州・オセアニア各国での例

カナダ:  国旗も国歌も学校と特定の関係が見られ無い。
アメリカ:国旗が掲揚されるが儀式強制はない。国歌は学校と特定の関係が無い。
キューバ:国歌は学校での規定はない。
オーストラリア:国旗を政府が提供。掲揚も国歌も各学校に委ねられている。
ニュージーランド:学校のための統一された規準はない。

2)国歌を国民の慣習に任せ、政府が追認指示するのみで、
    正式の法律・勅令・大統領決定・最高議会決定で制定していないおもな国

大韓民国・インドネシア・タイ・イスラエル・エチオピア・エジプト・イギリス・
オランダ・イタリア・スイス・デンマーク・ノールウエー・スエーデン・
フィンランド・オーストリア・ハンガリー・ブルガリア・キューバ・ニュージーランド
旧チェコ・旧ルーマニア
(40ケ国中21ケ国:1975年調査を1985年修正)

使用資料:内閣総理大臣官房審議室および外務大臣官房儀典官室1985年作製
         「諸外国における国旗国歌について」
Prepared By Freedom Prayer Chain for Japan


(参考文献  3)
この国際人権監視団体は、日本からの情報をもとに、独自の判断で、今回の
国旗国歌法制化の動きが、人権侵害の重大な危険をはらむとして、以下のような
警告の手紙を発し、また国連人権委員会とアメリカ政府等の注目を求めています。 

The Rutherford Institute
May 28, 1999
The Honorable Prime Minister Keizo Obuchi
c/o Embassy of Japan
2520 Massachusetts Avenue, N.W.
Washington, D.C. 20008

Dear Prime Minister Obuchi:

The purpose of this letter is to request your personal intervention in 
the following matter.

The Rutherford Institute is concerned about recent reports regarding the 
possibility of making the Hinomaru and Kimigayo traditions mandatory in 
Japanese schools. Mandating students to bow or show deference to the 
Hinomaru as the national flag and to recite the Kimigayo as the national 
anthem violates the constitutional and religious liberties of all 
Japanese citizens.

Since the traditions of Hinomaru and Kimigayo are consistent with the 
religion of Shintoism, making them compulsory would violate the 
religious freedom of Japanese citizens. Hinomaru and Kimigayo are also 
related to the practice of emperor worship, which Japan had ended when 
it embraced democracy. To make such rituals compulsory in schools would 
in effect mandate idolatry of the emperor, which would further 
constitute a direct violation of the Japanese citizens' right of 
religious liberty. Such a law would mark a move away from democracy and 
toward an autocratic dictatorship.

The Rutherford Institute is further concerned upon receiving reports 
from Christian groups indicating that, although the Minister of 
Education has stated that singing the Kimigayo and respecting the 
Hinomaru are not yet required in Japanese schools, school principals who 
have not made their students practice such traditions have been 
punished. The punishment of these principals suggests that they and 
their students do not enjoy the full civil liberties afforded by a 
democracy.

We hope your personal attention will help to end this disturbing 
restriction of civil liberties in Japan and ensure the rights of all 
Japanese citizens to freely express their beliefs,20
which includes declining to express those beliefs which they do not 
profess. Such freedom of expression and religion of all people are 
protected by the Japanese Constitution, the European Convention on Human 
Rights, the International Covenant on Civil and Political Rights, the 
Universal Declaration on Human Rights, and the U.N. Convention on the 
Rights of the Child.

The Japanese Constitution states:
Article 11:
The people shall not be prevented from enjoying any of the fundamental 
human rights. These fundamental human rights guaranteed to the people by 
this Constitution shall be conferred upon the people of this and future 
generations as eternal and inviolate rights.
Article 14:
All of the people are equal under the law and there shall be no 
discrimination in political, economic, or social relations because of 
race, creed, sex, social status or family origin.
Article 19:
Freedom of thought and conscience shall not be violated.
Article 20:
Freedom of religion is guaranteed to all . . . No person shall be 
compelled to take part in any religious act, celebration, rite or practice.

The European Convention on Human Rights states:
Article 9:20
(1) Everyone has the freedom of thought, conscience, and religion; this 
    right includes freedom to change his religion or belief, in worship, 
    teaching, practice, and observance.

The United Nations International Covenant on Civil and Political Rights 
states:20
Article 18:
(1) Everyone shall have a right to freedom of thought, conscience, and 
    religion. This right shall include freedom to have or to adopt a 
    religion or belief of his choice, and freedom, either individually or in 
    community with others and in public or private, to manifest his religion 
    or belief in worship, observance, practice, and teaching.20
(2) No one shall be subject to coercion which would impair his freedom 
    to have or to adopt a religion or belief of his choice.
(3) Freedom to manifest one's religion or beliefs may be subject only to 
    such limitations as are prescribed by law and are necessary to protect public 

safety, order, health or morals or the fundamental rights and freedoms 
of others.
Article 18 of the Universal Declaration of Human Rights declares that 
"[e]veryone has the right to freedom of thought, conscience, and 
religion; this right includes freedom to change his religion or belief, 
and freedom, either alone or in community with others and in public or 
private, to manifest his religion or belief in teaching, practice, 
worship, and observance."

The Rutherford Institute, headquartered in Charlottesville, Virginia, is 
an international legal and educational organization dedicated to the 
preservation of human rights and civil liberties, including religious freedom.

The Rutherford Institute is deeply concerned about the proposed law to 
mandate the traditions of Hinomaru and Kimigayo and the threat which 
they pose to the freedom of expression and religion in Japan. Your
assistance in this matter would be greatly appreciated.

Looking forward to your prompt response, I remain,
Sincerely Yours,
John W. Whitehead
President

cc: Mr. Akito Arima, Minister of Education
Hiromu Nonaka, Cabinet Secretary
Japanese Ambassador to the United States
Japanese Ambassador to the United Nations
Japan Desk, United States Department of State
United Nations High Commissioner for Human Rights
United Nations Special Rapporteur on Religious Intolerance


(参考文献  4)
「自由の祈りの輪」ニュースより、私たちの教会の自己紹介

わたしたちの教会は、16・17世紀のスコットランドでの信仰と良心の自由と
人権のための長い闘いの歴史から生まれてきた教会です。
スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本・中国・オーストラリア
・キプロス・シリア・フランスなどに影響が及ぶ、キリストの王権と信仰の自由を
強調するプロテスタント長老教会です。
かつて戦時中、中国で日本の宗教政策・教育政策による弾圧を体験しました。
当時の政策の分析にもとづき、私は、現在の日本政府も原則的にその政策を踏襲して
いることを確信しており、その点の勇気ある改革なしに、日本の未来はないと信じて
います。

キリスト者として日の丸・君が代に反対する理由

私はキリスト者として、次の理由で、廃止まで、君が代に抵抗します。
1)君が代は天皇の賛美である。私たちは天皇でなくまず神を賛美する。
2)千代に八千代に続く永遠の王とはキリストであって、天皇ではない。
3)天皇の世が、無条件にいつまでも続くことを、私たちは願わない。
4)天皇は永遠の神的な存在と美化され、私たちは信従が求められている。
5)戦前の国家神道にもとづく、国体礼賛の歌だ。悔い改めが無い。
6)この歌は、唄わない者、天皇を賛美せず国体を認めぬ者の排斥を生む。
7)現行憲法の主権在民に反し、人権や自由の精神を圧迫する。
8)アジアへの戦争責任ゆえに、侵略国歌の歌唱は控えるべきだ。
9)差別の根源となる、天皇を頂点に据える日本的階級秩序を、強化する。
10)国歌としては、みなが共感できる日本の自然をめでる歌が好い。

私はキリスト者として次の理由で、日の丸に反対です。特に拝礼に抗議します。
1)日の丸であれご真影であれ、深々と礼をすることは拝礼儀礼である。
2)拝礼は真の神にのみするべきもので、国家にも天皇にもすべきでない。
3)教育機関に国家拝礼儀礼を求めることは、政府の戦前以来の常套手段である。
4)「定着」した儀礼は、教育を国家主義(国体)のもとに統制する基盤となる。
5)愛国心の欠如と文部省が憂えるのは、この国体信仰の衰退にほかならない。
6)文部省が、天皇信仰国家信仰を強制することは、信仰の自由の侵害である。
7)国家信仰なしでも、例えば神のみ信じる者も、国民を愛し国家形成ができる。
8)太陽の旗は、国家神道で、アマテラス信仰につながっていたおそれがある。
9)日の丸は戦前の国家神道に基づく、愚かな国体礼賛の旗であった。悔改めが無い。
10)他国民自国民への戦争責任ゆえ、日の丸は侵略を清算せずに掲揚すべきでない。

過ちを悔い改めずにくり返し、国家主義から脱却できないと、国際化はできません。
日本政府の、広く世界を知り国際社会にはばたきうる良識と成熟を、キリスト者として、
また、この国の国民の一人、この国土をふるさととするものとして、祈ります。