神戸神学館 第22年度春学期 カリキュラム・日程

  1. 週間カリキュラム(1講義50分 火木曜 三宮校舎・金曜 岡本校舎)
     
    5:30-6:20 HT 歴史神学セミナー:教理史3 坂井
    6:20-6:40 チャペル(詩篇講解) 瀧浦
    6:40-7:30 ST 組織神学:キリスト論2 坂井
    7:40-8:30 a BL ギリシャ語4 ヨハネ福音書講読 瀧浦
    7:40-8:30 b ST 組織神学書講読:キリスト論 坂井
    8:40-9:30 a HT 歴史神学:契約神学史 坂井
    8:40-9:30 b BL ギリシャ語2 瀧浦 (Skype)
    4:30-5:20 a BL ヘブル語3 金森
    4:30-5:20 b EG English from the New Testament瀧浦4/19,5/17,7/12 瀧浦祈6/14+Directed
    5:30-6:20 AT 弁証学 金森
    6:20-6:40 チャペル (祈祷会)
    6:40-7:30 a PT/ET Counseling/礼拝と訓練/新約聖書神学sub 瀧浦祈・瀧浦
    7:40-8:30 a BL ヘブル語2 金森
    7:40-8:30 b Directed Study: Office/Skype Hour (瀧浦/遠藤)
    8:40-9:30 Directed Study: Office/Skype Hour (瀧浦/遠藤)
    (金曜は岡本校舎で行われます)
    4:10-4:55
    4:30-5:15
    BL ギリシャ語3 瀧浦
    5:00-
    5:20-6:05
    BL ギリシャ語1 瀧浦
    5:40-6:30
    6:15-7:00
    ST 小教理体系1 瀧浦
    6:40-7:30
    7:05-7:50
    ET 聖書通読2:旧約後半 瀧浦
    7:40-8:30
    7:55-8:40
    ET 新約聖書神学: G. Vos 瀧浦
    8:40-9:30
    8:45-9:30
    HT 教会と国家の歴史2 瀧浦

  2. 第22年度春学期夏学期・集中講義・演習
    • 瀧浦  PT 教会憲法・礼拝指針/訓練書
      春4/19,5/17,24木pm6:40-7:30  3回
    • 瀧浦祈 PT 聖書的カウンセリング
      春5/10,6/14木pm6:40-7:30    2回
    • 瀧浦  ET 新約聖書神学要綱:G.Vos sub
      春4/12,6/21木pm6:40-7:30 NTch.1-4,ch.5要約講義
    • 瀧浦祈・瀧浦 ET 新約聖書研究Forum
      春7/10 pm7:00-9:30(予定) パネルあり
    • 遠藤 PT/HT教会憲法:信仰告白・証言書
      夏7/27, 8/3 金pm6:30-9:30  夏学期は金曜2回
    • 遠藤  PT 教会論, Directed Study
      夏7/27, 8/3 金pm5:30-6:30 Readingあり Skype可能
    • 遠藤・瀧浦 PT 説教演習(毎学期・課程生各15分)
      夏7/20金pm7:00-9:00
      (春学期末教務会 7/20pm4:00-6:30)

  3. 第22年度春学期・特別講義
    • Dr. Woody Lauer: OPC 新約聖書緒論4/26-27木金・旧約聖書概論7/12-13木金 各pm5:30-9:30
    • Dr. 児玉剛: PCJ 組織神学/弁証学釈義研究6/12, 19火pm7:00-9:30
    • Prof. Warren Peel: RPC Ireland RTC
      Main Lecture新約聖書釈義と説教 5/31, 6/1, 5, 7, 8 木金火木金pm7:00-9:30
      Sub Lecture キリスト王権と青年・家庭形成 5/31, 6/5, 7 木火木pm4:30-6:00

  4. スケジュール・カレンダー
    カレンダーへのリンク

この Web ページは北米改革長老教会 日本中会の情報を掲載しています。| 掲載されている文書で、規則、統計、報告書は中会によって公式に承認された 内容です。 一方、 礼拝説教、意見書、論文、祈りの要請は日本中会の活動を知るための中会会員による自由な寄稿です。日本中会は この Web ページに 関して公式な報告を受けていますが、ページ内のすべての意見を公式な見解として承認したわけではありません。| 中会で一般に受け入れられていない意見がこの Webページに掲載されることは 普通ないので、これらは日本中会の一般的な傾向を知る上で有用です。しかしながら この Web ページは基本的にその目的にとどまります。| 掲載される内容は常に中会の長老の一人によって目を通されています。 この Web ページの管理者は塩津由扶子と鳥居学です。