KTH連絡

  1. 冬学期のラウア客員教師の特別講義は本日と明日の一回のみです。春(夏)学期.また来年度の秋学期には、新約緒論と旧約緒論の二日づつ二回おいでいただく予定です。今回は木曜が新約緒論(共観福音書の続き)、金曜が旧約聖書概論(ヨシュア記など続き)となる予定です。
  2. 木曜日の通常講義で4:30からの隔週の新約聖書英語(瀧浦)は、1月18日から隔週で4回持たれます。引続いてDr.Simon KistemakerのParabale of Jesusがテキストです。
  3. 先にお送りしたカリキュラムは、www.rpjapan.orgまたはKTHのサイトの予定表にのっていますので、スマートホンでも確認して頂けると思います。
  4. 3月の特別講義の時間などは、ほぼ確定して来ていますが、改めてご連絡します。3月7日の夕方の新約研究(マタイ)と3月20日夕方のリーチ先生の新約釈義は交渉中でまだ確定していません。
  5. 秋学期の特別講義レポートについては、単位取得を確認したいと思います。特に講義が学期末だった分は相談して下さい。

この Web ページは北米改革長老教会 日本中会の情報を掲載しています。| 掲載されている文書で、規則、統計、報告書は中会によって公式に承認された 内容です。 一方、 礼拝説教、意見書、論文、祈りの要請は日本中会の活動を知るための中会会員による自由な寄稿です。日本中会は この Web ページに 関して公式な報告を受けていますが、ページ内のすべての意見を公式な見解として承認したわけではありません。| 中会で一般に受け入れられていない意見がこの Webページに掲載されることは 普通ないので、これらは日本中会の一般的な傾向を知る上で有用です。しかしながら この Web ページは基本的にその目的にとどまります。| 掲載される内容は常に中会の長老の一人によって目を通されています。 この Web ページの管理者は塩津由扶子と鳥居学です。